kasai_top_1440_124.jpg kasai_top_1440_124.jpg

Special Cleaning

特殊清掃 火災復旧

特殊清掃

火災復旧


災害のお見舞い
火災に遭われた方、ならびにそのご家族の皆様に心よりお見舞い申し上げます。
皆様の安全と一日も早い復旧を心よりお祈り申し上げます。
火災に遭われた方の生活が1日も早く平穏に復することをお祈り申し上げます。

小さなボヤ火災から大きな火災まで親身になってサポートいたします。

火災になってしまった!どんな手続きが必要でどのように復旧すれば良いの?

ご存知の方は少ないと思います。
 
ダスメルクリーンでは、一般家庭(戸建て、マンション、アパート)や、小さな倉庫から、商店、工場等の大きな火災まで、すべての火災現場を現状回復し、り災証明書等の手続きも含め徹底サポートいたします。
 
火災現場では、様々な有毒物質が浮遊しており、専門業者でないと健康被害や怪我をする可能性が高いです。
 
保険に加入していれば料金の自己負担額は非常に少ないので、施工金額等もご相談ください。

火災現場復旧の流れ

※現場の規模などで多少変更はございます。
 

ダスメルクリーンの火災復旧の特徴

※他にも多種多様な作業を行っておりますのでご相談ください。
 

火災復旧作業内容

外装・内装解体

火災が発生すると、炎で床、壁、天井、家財道具などあらゆる物が燃えてしまったり焦げてしまい、更には煙が充満してしまい、ススが至る所に入り込みます。

こうした場合、撤去や解体可能な物は無くしてしまわないと行けません。
その際は、知識ある人間と専用の工具などを使用し作業を行う必要があります。
 
※室内の解体を行う場合は、県知事認可の内装仕上げ業などの建設業許可が必要になります。 

消臭について

火災現場復旧時の消臭作業には、煤の臭いと中和させ消臭させる薬剤を使用して洗浄を行い、更に特殊コーティング剤を塗布する事で染み込んだ臭いが表に出てこないよう消臭作業を行います。
 
最後にオゾン脱臭機を使い、残っている臭いをオゾンで分解し消臭作業終了となります。
 
煤洗浄、特殊コーティング、オゾン薫蒸による消臭の際、それぞれの特性を最大限に活かせるような仕様が必要となります。

スス除去・特殊コーティング

火災の際、有機物(炭素を含む物質やプラスチックなど)に不完全燃焼の状態で火が移ると煤(スス)を発生しながら燃えます。
火災では、酸素濃度や温度によって気流が発生し、気流に乗ったススが家中の至る所に付着します。
このススと気流により、家中は燃えた臭いが染み付いたり、有毒物質、ダイオキシンも含まれておりますので、健康被害を受ける可能性もあります。
 

1. グラインダーによる研磨

スス除去には、グラインダーを使用した除去方法と特殊コーティング材を塗布する除去方法があります。
グラインダー除去方法は、建物の表面を薄く削って行きますので、染み込んだススも除去可能です。 しかし、建物の構造強度の低下の懸念がある場合があり、とにかく時間がかかる作業になる為、費用も大きくかかります。
 

2. 特殊コーティング

特殊コーティング除去方法は、ススを荒払いした後に特殊コーティング材を塗布しススを封じ込めます。
時間面や費用面を考えると、現在は特殊コーティング除去作業で施工する現場の方が多い状況です。 

有害物質(ダイオキシ、一酸化炭素、塩化水素、シアン化水素等)の除去

ススを除去した後でも、空気中には有害物質が浮遊付着しています。

  • 発癌性の高いダイオキシン(C4H4O2)
  • 濃度によっては、1〜3分で死亡する恐れのある一酸化炭素(CO)
  • 粘膜等に炎症を起こさせる塩化水素(HCI)
  • 化学兵器でも使用されたシアン化水素(HCN)

等があります。
これらの有害物質の分解除去する為に、ダスメルクリーンでは、高濃度オゾン発生機と専用の薬剤を使用し日常生活可能のレベルまで有害物質を除去します。
◆高濃度オゾンで有害物質を分解
◆専用薬剤で有害物質を中和
オプション作業で、臭気測定やダイオキシン測定等もございます。

ダイオキシン類作業従事者特別教育修了証
受講証明書

家財撤去・クリーニング

り災ゴミの処分はもちろんのことダスメルクリーンではお客様がまだ使用したいとお考えの家財をクリーニングするサービスまで行っております。
思い出が詰まっている家具も再度利用できるよう適切なクリーニング方法を用いて復旧させます。
もちろん家財のみでなく燃えてしまった住宅建材等の撤去も行っておりますので全て一括してお任せください。